Education
To acquire knowledge

子供に合う場所

予備校で英語を学ぶならこちらでより実力UPを図れる学校を調べよう。サポートが充実している所でどんどん力を伸ばしましょう。

子どもに合ったシステムの塾を選びたい

子どもを塾に通わせようとする時、どのような塾がいいのか迷う親御さんは多くいます。新聞の折り込みチラシを見ても、集団指導、少人数制、個別指導と様々です。そこで、ぜひ利用したいのが体験学習です。実際授業を受けてみて、我が子に合っているのかどうかを判断するのです。体験学習はほとんどの塾で行っています。一か所で決めるのではなく、何か所か体験して子どもに合ったシステムの塾を探せばいいのです。体験する塾も、保護者同士の情報交換で評判のいいところや、子どもの友達が通っているところなどを参考にして回れば迷うことも少なくなります。また、今ではオンラインの家庭学習講座も充実しています。一人でコツコツ学習するのが苦にならない子どもには、かえって良い結果が得られる場合もあるので、調べてみる価値はあります。

授業料はどのくらいかかるのか

塾を決める際、もうひとつ考慮にいれなくてはならないことがあります。授業料などの費用です。一番費用がかかるのが個別指導です。中学生の場合ですと完全に1人対1人であれば週3回でだいたい4万円から6万円くらい、生徒2〜3人に講師一人が付く個別指導で3万5千円から5万円くらいかかります。集団指導では人数にもよりますが10人〜30人くらいで2万5千円から3万5千円といったところです。このほかに夏季講習や冬季講習に4万円から高いところでは10万円くらいかかります。入塾時には入会金、教材費、設備費などを支払います。この費用は塾によって差があります。オンラインの学習講座はかなり幅があり、1000円前後から4万円以上かかる講座も存在します。塾は一か所に通い続けるのが理想です。子どもの向き不向きと支出できる費用の両面からよく考えて選びたいものです。

Pick Up

自分に合う場所を選択

医学部への進学はかなり難易度が高く、予備校を活用して勉強するのも手段の一つとして活用されている。資料請求、体験授業を受けるなど、より良い場所を選ぶことから合格への分かれ道となる可能性も十分にありえるので納得できる場所へと入りましょう。

詳細を読む

変化に対応

時代は、移り変わっています。そんな時代の移り変わりと共に、学習塾のスタイルにも変化が見られます。近年は、「集団指導」よりも「個別指導形式」の方が人気が高まっています。

詳細を読む

事前に調べておく

塾を選ぶなら内容について事前に調べておくのは大切で、このときにはお金のことを特に考えておくことが大切です。通常授業だけで良いのか、長期休暇講習を受けるのか、それによっても変わる部分があるなど、チェックポイントは多いです。

詳細を読む

学習スタイル

大学まで入学させるのに、両親も必死で塾を選ぶ人もいます。塾には、集団や少人数、個別制といったスタイルで指導をしています。それぞれ料金体系も違い、学習時間も違うため選択する時は自分にあった勉強法を選ぼう。

詳細を読む