自分に合う場所を選択

医学部予備校を選ぶときの受験生と保護者の取り組み

医学部進学は受験生本人だけではなくて、保護者にとっても大きな願いである。したがって最近では親子で情報収集をしながら、じっくりと医学部予備校を選ぶのがトレンドである。特に資料請求をする以外にも、体験授業を活用したり各種説明会に参加するなど、様々な方法で情報収集を行うのが最大の取り組みであろう。また医学部予備校を選ぶときには、合格実績を重視しながら指導体制のしっかりとした予備校を選ぶべきである。そのためには教壇に立っている講師陣のプロフィールもチェックするべきであり、わかりやすい指導ときめ細かい指導に注目するべきである。このように十分に下調べをして医学部予備校を選ぶことで、国公立や私立の医学部を目指せるであろう。

予備校の指導やサービスの上手な利用方法

医学部予備校を活用して医学部合格の夢を実現させるためには、学習指導と進路指導の両方を上手に利用するべきである。特に苦手科目については、マンツーマン指導を中心にして徹底的に学ぶことが重要である。また問題の解き方を学ぶだけではなくて、実際に実力を高めたいときには、予備校の主催する合宿に参加するべきであろう。合宿を活用することで、集中的に学力アップが実現できるであろう。更に医学部予備校が主催する模試を活用することで、その時々の実力を客観的に評価することが可能である。そして模試データを参考にすることで、今後の学習プランを立てることができるであろう。また定期的に面談を行うことで、学習上のアドバイスや受験校選びのアドバイスも受けられるであろう。