変化に対応

時代の変化に対応するために

子供の学習習熟度を上げる為に、塾を利用する人が増えています。少し前までは、ゆとり教育の影響から学校教育で学べる内容が削減される一方で受験現場で求められる学習習熟度はほとんどレベルダウンされておらず、受験を目指す人にとって塾に通うことは必須でした。その為、塾で学ぶ内容と学校で学ぶ内容のレベルにおいて著しいかい離が発生する事もあり、それが子供の負担になっていました。しかし、学校教育現場において、ゆとり教育の弊害が見えるようになるにつれて脱ゆとり教育の動きが加速して来ています。そうなると、ゆとり教育レベル学習していた子供たちは、急速な学習レベルのシフトチェンジを求められることとなり、学校教育だけでこれに対応する事は非常に困難です。

個別指導形式で自分の予定に合わせたカリキュラム

そこで、学校での学習に加えた補習が必要となり、塾に通うことでそれを解決することとするのです。しかし、通常のクラス形式の授業となると、年間カリキュラムなどで学習している人にとっては問題ないのですが、夏休みや冬休みなどに効率よく苦手分野を克服する事を目的とするには、若干向いていない側面もあります。また、部活動などのスケジュールによって授業を飛ばした場合はキャッチアップが非常に難しくなります。しかし、個別指導形式の塾では、個人個人のペースに合わせて勉強することができます。部活動の合宿などがある日は避けて、自分の予定を合わせられる日程で目標とするレベルまでのカリキュラムを組むことで、勉強に集中することができます。